・太陽の近くでの光の曲がり

 まず、下図のような問題を考えよう。



マックスウェル電磁気学では、誘電率や透磁率は局所的である。このため、線分AB上の
誘電率・透磁率は、太陽の有無に関係なく、線分AB上の物質の分布だけで決まる。しか
も、マックスウェル電磁気学では、光は線分AB上の誘電率・透磁率の影響しか受けない。
したがって、光の進路上にはない太陽は、光の進路に何の影響も及ぼさない。このため、
太陽の有無に関係なく、光は線分AB上を直進することになる。つまり、光は曲がらない
という結論を得る。
 これに対し、遠隔作用理論の仮想力線電磁気学では、誘電率・透磁率は非局所的であり、
全空間の全物質の分布の影響を受ける。したがって、光の進路上にない物質、すなわち、
太陽が、光の進路に影響を及ぼすことになる。具体的には、光はCの方へ曲げられる。
 この問題をわかりやすく直感的に説明すると、次のようになる。まず、下図を御覧いた
だきたい。



これは、磁石からのびた磁力線を描いたものである。そこで次に、下図のように、鉄片を
近づけてみる。



すると、磁力線が鉄片のある方へ曲げられることになる。これはあたかも、鉄片によって
空間が曲げられたかのようである。これは静磁場の話だが、同じことが、静電場、さらに
は電磁波のような動的な電磁場にもいえるのである。光が太陽によって曲げられるのも、
実は、これと同じ電磁気現象なのである。このように、仮想力線電磁気学では、太陽の近
くでの光の曲がりを、電磁気現象として説明できるのである。
 すでに述べたように、仮想エーテルによる疑似近接作用の近似は、比較的近い周囲の空
間が均一・対称である場合に限られる。そうでない場合、単純な近似はできない。その理
由は、何度もいっているように、光の進路上にない物質も、電磁気作用に干渉するからで
ある。したがって、太陽が光の進路に近いと、疑似近接作用的な近似ができない。したが
って、マックスウェル電磁気学(による近似)が成り立たなくなる。よって、太陽の近く
での光の曲がりは、仮想力線電磁気学では説明できるが、マックスウェル電磁気学では説
明がつかないことになる。そのため、『時空の曲がり』などという荒唐無稽な仮説に頼ら
ざるを得なくなるのである。

次ページへ

目次へ