プリントする リンク用バナー 広告掲載主募集中 当HPは無断転記禁止 更新のお知らせ メール

目の病気

病名 症状 原因
角膜炎
(かくまくえん)
痛みがひどいため目のあたりを前足でさわったりどこかにこすりつけたりします。涙や目やにが出まぶたが腫れてしまうこともあります。 角膜が炎症をおこしてしまうためにおこります。
外傷性)
目のまわりの毛やまつ毛による刺激やシャンプーが目に入る、犬同士のけんかで傷ついたりしてしまうなどです。
(非外傷性)
細菌やウイルスの感染、アレルギー、代謝障害などです。
角膜潰瘍
(かくまくかいよう)
涙が出たり目をまぶしそうにしょぼしょぼさせまぶたが痙攣するなどが見られます 角膜の炎症が進んだために潰瘍化してしまいます。
角膜裂傷
(かくまくれっしょう)
角膜の表面に傷がついた状態です浅ければ角膜炎とよく似た症状ですが、深い傷になると傷口が塞がりにくいために眼球内容物が出てきます。その内容物である眼房水というものが流れ出して眼圧てなく角膜がゆがんでしまったどくな虹彩飛び出ることもあります。 多く同士のけんかによるものです。ほか交通故、角膜炎や角膜潰瘍ひどくなったためにおこります。
結膜炎
(けつまくえん)
まぶたの内側が充血して涙や目やにがでます。そしてまぶたのまわりがかゆくなったり、痛いために目をこすってしまって腫れあがります。 結膜が炎症をおこしてしまう状態です。これは目の病気だけの場合と全身性の病気のひとつの症状としておこる場合とがありす。毛やほこりなどの異物が目に入る、細菌やウイルス、アレルギー、薬物などいろいろです。
乾性角結膜炎
(かんせいかくけつまくえん)
涙液が不足したために目の表面が乾いて角膜結膜に炎症がおこります。それが長く続くと角膜は透明度がなくなって結膜は赤くはれます。そしてさらに結膜から多くの目やにが出て角膜に穴が開いたりまぶたがくっついてしまうといった症状がでてきます。 原因の確定は難しいそうで涙腺の先天的な欠如、涙腺の機能障害、低血糖、てんかん、ホルモンの欠乏などさまざまです。
眼瞼炎
(がんけんえん)
目のまわりの毛が抜けて赤く腫れます。炎症が進んでくると湿疹ができて化膿することあります。わんこはかゆがったり痛がったりして前足でさわってしまったり目をぱちぱちします。また、放っておくと慢性化して直りにくくなってしまいます。 まぶたのまわりの皮膚炎が原因でおこりす。アレルギー性の皮膚疾患、細菌、真菌、寄生虫などによる皮膚病、外傷などが原因です。そのほかに結膜炎や角膜炎などの二次的な症状としておこる場合もあります。
眼瞼内反症
(がんけんないはんしょう)
(逆まつげ)
常にまつ毛が角膜の表面をこすってしまうため痛みや不快感があります。場合によっては角膜に傷がついてしまって角膜炎おこしたり結膜併発することもあります。かゆみがあるためこすって涙や目やにが出たりまぶしそうにしょぼしょぼさせたりします。 まつ毛が内側に巻き込んでしまうためにおこります。ほとんどは先天性のもので生後6ヶごろに確認されるそうです。また、外傷やほかの目の病気が原因にることもあります。
眼瞼外反症
(がんけんがいはんしょう)
まぶたの内側の涙腺や結膜が常に空気に当たっているために乾燥して細菌などの抵抗力が弱くなってしまいます。わんこは目やにや涙が出て、しょっちゅう目を気にする動作を繰り返します結膜炎や角膜炎を併発することも多いそうです。 眼瞼内反症の逆でまぶた(特に下まぶた)外側にめくれるためにおこります。顔の皮膚がたるんでいる犬に多い症状です。また、外傷や結膜炎などが原因になることもあります。
流涙症
(りゅうるいしょう)
(涙やけ)
涙がよく出るために目頭が汚れて目のまわりのが茶色に変色します。涙と一緒に出る目やにが鼻の横を汚して、その部分に湿疹ができることもあります。 涙小管という涙が正常に流れるための目と鼻をつなぐ管が狭かったり詰まっていることっておこります。先天的なものと角膜炎炎の影響によるもの、目の筋肉の常、などが原因になることもあります。
瞬膜露出症
(しゅんまくろしゅつしょう)
(チェリーアイ)
両目の内側のほうのまぶたと眼球の間に見える膜状の組織が瞬膜です。それが目頭から外に突き出して赤く腫れます。それがチェリーに似ているので一般に『チェリーアイ』と呼ぶそうです。わんこは目頭に不快感があるために目をこすってしまって結膜炎や角膜炎をおこすことがあります。 ほとんどが先天的な瞬膜の異常によるものです。
眼球脱出
(がんきゅうだっしゅつ)
眼球がまぶたのそとに飛び出した状態です。眼球に引っ張られてまぶたや結膜から液が出たり浮腫ができます。放っておくと眼球の表面が乾燥したり眼球全体が化膿することもあります。 徐々に飛び出すものは膿瘍や腫瘍などによるものですが、多くは犬同士のけんかや交通故による頭部の圧迫が原因です。
前房出血
(ぜんぼうしゅっけつ)
眼球全体が真っ赤になって視力がそこなわれてしまうことになります。 角膜のうしろにある前房からの出血です。目の血管の先天的な異常や特殊な病気、交通事故などによる外傷などが原因です。
白内障
(はくないしょう)
水晶体の一部、又は全部が白濁する病気で、その程度が進めば進むほどに白くにごって視力おちます。わんこは物にぶつかったりジャンプ出来ない、よろよろ歩くなどの症状がでます。 6歳未満で症状があらわれた場合は糖尿病どの内科的病気が原因であったり先天性のことが多く、6歳以上で徐々に進行した場合老化によるものです。また、中毒や外傷が因になることもあります。
緑内障
(りょくないしょう)
眼圧が高くなる事で視神経に影響をおよぼして視野が狭くなってしまう病気です。目の色が緑色や赤色に見えたり、眼圧の影響で目が飛び出したようにみえます。また、角膜炎や結膜炎を併発したり、症状が進んでくると視力障害をおこして失明してしまうこともあります。 先天性のものや眼内の炎症、外傷、腫瘍、水晶体の異常が考えられます。
網膜剥離
(もうまくはくり)
網膜がはがれた状態です。視力障害をおこすためにしょっちゅう何かにぶつかったりしてしまいます。 先天的なものと、網膜と脈絡膜のあいだにおきた炎症などによるものがあります。ほかに硝子体の炎症や事故なども原因になる場合もあります。
霰粒腫
(さんりゅうしゅ)
眼瞼の皮下に球状のこりこりしたものが触れます。放っておいて吸収されるものと大きくなって破れる場合があります。患部が赤くなって腫れ、涙が出るために目をこすったりするために脱毛します。 マイボーム腺という脂腺の慢性肉芽性炎症で眼板腺の分泌物の貯留が原因でおこります。
麦粒
(ばくりゅうしゅ)
(ものもらい)
まぶたが赤く腫れて痛みがあり、熱をもちます。若いわんこに多いそうです。 黄色ブドウ球菌が眼瞼や眼瞼縁に感染するためにおこります。

BACK TOP